トニイ入塾

 小学1年生のトニイがサピに入塾しました。鳳仙花勉強法の成果か、トップクラスでのスタート。最寄りに校舎はないため、電車に乗って通うことになります。今日は初日でママがお向かえに行った。おつかれちゃん。

 トニイは、ゲーム好きかつ漫画ばかり読んでいますが、ゲーム「星のカービー」の小説(ピピンのおさがり)を与えたところ、休みの日に2冊完読し、さらに、漫画のようにもう一度読み直していました。これには驚いた。サピではなんでもいいから読書はするように教わっています。

 ゲームと勉強がリンクしたと初めて実感しました。

 

子供の将来

 今の世の中、何をやっても安心という事はない。弁護士、弁理士、税理士といったプロフェッショナルな資格を取っても、仕事自体がないと嘆いている人たちがたくさんいる。そんな中、親として安易な考えではあるが、医者にさえなれば食べるのには困らないと思って止まない。ドラマ等の知見ではあるが、医者の世界は医者の世界で、プライド、競争、派閥等の争いが絶えない厳しい世界なのだろう。しかし、それは、あくまで出世を考えた場合であって、開き直れば、いつでもその争いから離脱でき、ぜいたくはできないかもしれないが、地方で平々凡々とストレスフリーに生きていくという道があるのでないかと思う。また、少なくとも医者ではない私からみれば医者というだけでそのステータスは絶大だ。我が子にはそういった一目おかれる存在にもなって欲しい。

 ・・・といった考えを持っている親が多いのだろう。現在、医学部の倍率が以上に跳ね上がっている。私の子供が受験する頃にはどうなっているのか、一抹の不安を覚える。幸な事に、私の子供は、医者になりたがっている。トラファルガー・ローがかっこいいと思っていて、あこがれている。尾田栄一郎先生ありがとう。

 さて、私立の医学部は、最安と言われる慶応でさえ2,000万円かかると聞く。私のような一般家庭においては、初めから敬遠せざるをえない。やはり上位国立大学を考えてしまう。そのためには、開成・灘・筑駒、いずれかの合格が最短ルートなのかと。まだ先の話ではあるが、それらに合格することで、本ブログの趣旨である、「とんびを鷹にする!!」の目標第一段階達成と呼べるのではないかと思う。行先不透明ですが、鳳仙花勉強法の下、頑張ります。

サピ入塾テスト

 10月に小学生1年生であるトニイがサピの入塾テストを受けます。それに向けて勉強を教えていますが、まだ、彼は勉強に対する姿勢ができていません。とにかく、ゲーム中毒で、勉強中もゲームのことばかり考えていて、集中力がない。時間配分を考えて問題を解くという事はできないでしょう。だから、とにかく早く解くという習慣がつくよう指導しています。鳳仙花勉強法の一つ「はやきこと風のごとし」です。まずはスピード感。正確さは後からついてくる。(正確なのは当たり前までもっていきます。)

 ちなみに漢字が苦手です。「四」という漢字は、2画まで書いて「罠をしかけて~」、4画まで書いて「おしりたんていが入ってきたら~」、5画目を書いて「閉じ込める!!」などとして教えています。

 サピのテストで一番上のクラスに入ったら、レゴを買ってあげる約束をしてしまった。教育上、ご褒美をぶらさげるのはよくない事と言われていますが、度が過ぎなければ、私はありだと思います。ただし、レゴは高い!!

 先週末に、映画ワンピース(スタンピード)を見ました。初めて4Dで映画を見ましたが、映画以上にアトラクション的な要素が先行して素晴らしかったです。子供との楽しいひと時、勉強の合間にお勧めです。是非!!

がんばれピピン

算数[和差算]

和差算を教えたが、よく理解していた。応用問題に対応するためには、その公式だけではなく、当然、なぜその公式が導き出せるのかを理解する必要がある。鷹であれば[基本中の基本]のみで全てに対応できるのですが、はじめから[基本+α]を基本として教えるのが鳳仙花勉強法の手法です。3要素の合計および差について、しっかりと線分図を書いて回答できました。

国語[文章題/漢字]

初めて6年生の文章題を解かせたが、内容をよく理解していた。正解率は60%程度。ちなみに、今週の読み物は、今、映画公開中のワンピース[スタンピード]です。私の部屋に勝手に入って漫画を読みあさる習慣がついていて、現在ワンピースにはまっています。今、ドレスローザでドフラミンゴ戦を楽しんでいます。おかげで、勉強よりもまずはそっち。しょうがないか。だって、ワンピースだから。

漢字で、[しょちゅう]お見まいもうしあげます。につき、[社長]と書いていました。やり直しをさせたら、[市長]と書いていました。ww とんびはかわいいです。

がんばれトニイ

算数[かぞえてみよう]

0~20ぐらいまでの数の概念はよくわかっています。重なった指定領域内にちらばった〇/△/□の数を区分して数えるという問題が難しいようでした。算数というよりも国語の理解力や論理的な能力が試される問題です。子供の弱点がよくわかります。

パパはばかではなく、なくなくはない。→ぱぱはばか。 は、正解していました。ww

[追加パパ問題]領域AとBとCがそれぞれ一部重なっていて、AかつBまたはAかつCまたはBかつCであって、AかつBかつCではない領域にある〇以外のマークの合計を求めよ。

[結果]複数の事柄を一つ一つ読み解き、それらをふまえて総合的に答えを出すという問題は初めてだったので、いっしょに考えながら、理解していました。

我々には簡単に思える常識が、子供にとっては非常識であるため、教えるのは本当に難しいですね。まだ1年生ですが、これから努力を重ねて成長していくことがすごく楽しみです。

初投稿(はじめに)

 初投稿です。メニューの内容をご覧頂いた方は、自分の息子をとんびなどと・・、また、鳳仙花勉強法などと調子に乗って・・と自分本位の記載に不快に思われたかと。申し訳ありません。

 ただ、クイズ番組等でご覧になったことがあると思いますが、初見だけで何でも覚えてしまう、また、基礎の基礎を覚えただけで超難問を解いてしまう天才(鷹)が世の中には存在します。私の人生においても、1人ですがその類の化け物がいました。そこには努力では超えられない壁があると割り切るしかありませんでした。私自身もその割り切りが自分を磨く、また、勉強法を考えるスタートでした。

 ローランド様の「俺か俺以外か」ではなく、「鷹か鷹以外か」を考えた時に、我が子も鷹ではないという現実があります。しかし、鷹に近づく事は可能です。様々な勉強HowTo本が出ている中、鳳仙花勉強法の肝は、むしろ否定的に扱われていますので、その詳細を今は控えさせて頂きます。

 しかし、短時間で最大の効果を発揮する、勉強法ですので、我が子にその効果を期待しています。必ず結果を残してみせますので、ばかばかしいと思いながらも、楽に読んでいただき、我が子の成長に末永くお付き合い頂ければと思います。

 なお、私自身が、ゲーム等の娯楽が大好きで、子供と一緒に遊んできたため、子供は勉強よりもそっちに興味をもってしまっているのが現状です。自分からすすんで、楽しんで勉強をするといった事は一切ありません。そのビハインドを負いながらのスタートですので、先はどうなるか分かりません。やさぐれて、勉強全くしなくなったらどうしよう・・・。その時は、負けを認め白旗をあげてこのサイトを閉じますね。

皆様から、色々とアドバイスを頂けると幸いです。