子供の将来

 今の世の中、何をやっても安心という事はない。弁護士、弁理士、税理士といったプロフェッショナルな資格を取っても、仕事自体がないと嘆いている人たちがたくさんいる。そんな中、親として安易な考えではあるが、医者にさえなれば食べるのには困らないと思って止まない。ドラマ等の知見ではあるが、医者の世界は医者の世界で、プライド、競争、派閥等の争いが絶えない厳しい世界なのだろう。しかし、それは、あくまで出世を考えた場合であって、開き直れば、いつでもその争いから離脱でき、ぜいたくはできないかもしれないが、地方で平々凡々とストレスフリーに生きていくという道があるのでないかと思う。また、少なくとも医者ではない私からみれば医者というだけでそのステータスは絶大だ。我が子にはそういった一目おかれる存在にもなって欲しい。

 ・・・といった考えを持っている親が多いのだろう。現在、医学部の倍率が以上に跳ね上がっている。私の子供が受験する頃にはどうなっているのか、一抹の不安を覚える。幸な事に、私の子供は、医者になりたがっている。トラファルガー・ローがかっこいいと思っていて、あこがれている。尾田栄一郎先生ありがとう。

 さて、私立の医学部は、最安と言われる慶応でさえ2,000万円かかると聞く。私のような一般家庭においては、初めから敬遠せざるをえない。やはり上位国立大学を考えてしまう。そのためには、開成・灘・筑駒、いずれかの合格が最短ルートなのかと。まだ先の話ではあるが、それらに合格することで、本ブログの趣旨である、「とんびを鷹にする!!」の目標第一段階達成と呼べるのではないかと思う。行先不透明ですが、鳳仙花勉強法の下、頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です